心の構えを取り除く

2019.05.14 Tuesday 07:12
0
    心身統一とは天地と一体になることで
    す。



    天地と一体になるには統一体でなければなりません。



    上半身の力を完全に抜き、臍下の一点に心を静める。



    手を前につき出したり、

    両手をあげたり、

    しゃがんだり、

    静座をしたり、

    胡座になったり

    二人組で身体を持ち上げたり、

    押したりテストします。



    心が身体を動かしますから、


    身体をテストすることで心の状態を知ることが出来ます。



    氣が出ている=正しいリラックスが出来ている時は、


    磐石のごとく、びくともしませんが、


    「押されまい」「動かない」「持ち上げられない」などと


    余計なことを思うと統一体は崩れます。



    相手が押してくるなら、いくらでも押させてやり、


    持ち上げようとするなら、いくらでも持ち上げさせる。



    相手にさせたいようにさせ、


    それを心に受けなければ統一体は崩れません。


    「心の構えを取り除く」ことが重要です!
    category:合氣道 | by:道場長 | - | -

    寺崎道場 公式ツイッターはじめました

    2019.04.05 Friday 10:43
    0


      合氣道琴心館 寺崎道場公式ツイッターはじめました。


      https://twitter.com/terasakidojo/status/1113950529464332288?s=19

      category:合氣道 | by:道場長 | - | -

      高校野球と氣に合するの道

      2019.03.28 Thursday 23:43
      0

        第91回選抜高校野球 大会第6日目に阪神甲子園球場に行ってきました。



        毎年、春夏の高校野球は私の楽しみの行事のひとつで、兵庫県大会や近畿大会も合氣道の合間に都合がつけば観戦してます。


        しかしながら、お弟子さんも増え、祝日以外に完全なオフがありませんので、昨年頃から球場に行く機会が減りました。


        合氣道を門人に指導することを職業にしているわけですから、これは喜ばしいことであり、感謝しなければなりません。



        私にとって高校野球観戦は、ただの楽しみや趣味、娯楽、高校野球ファンとは少し違います。


        確かに、それはそれで良いことだと思いますし、「ひたすら白球を追い続ける高校球児達に純粋に感動する」


        私も合氣道の指導者になるまではそうでした。


        日々、門人に稽古をつける日常生活の中で、いつしか、こういう緊迫した場面で「私なら、どう選手に声をかけるだろう?」


        次の一球で勝負が決まる、この場面で、「投手や打者に何を伝えるだろう?」


        試合後は選手たちに「何を話すだろうか?」


        勿論、高校野球素人の私が戦術等を教えることなど出来ない。


        でも、「心が身体を動かす」

        「氣の原理」

        「統一体」

        「天地の法則・天地の配剤」なら教えることが出来ます。


        これを無視して出来るスポーツ、勉強、仕事、日常生活など無く、これと異なる事を無理と言い、身体の故障、メンタルの弱さに繋がります。


        つまり、野球も合氣道も同じです!


        「あの打者は上半身に力が入っているな。多分打てないだろうな?」などと職業上、統一体なら見ればすぐ解ります。


        心身不統一の球は乱れ、良い結果には繋がりません。



        私にとって、高校野球も己の修行だと思っています。



        第91回選抜高校野球 大会第6日目の話に戻ります。


        最近の高校野球人氣は異常です。


        夏は徹夜しないとチケットが買えない?


        春は平日なら中央特別自由席や内野自由席も余裕で入れてました、昨年までは。


        それが、この日は「まさかの外野席!」


        甲子園観戦も合氣道の修行ですので、この日都合がついた愛弟子に新大阪から甲子園球場に向かってもらいました。


        「中央特別自由席をゲットせよ!」が合言葉。


        私は朝の仕事が終わり次第、10:30頃に愛弟子と現地集合の予定。



        先に到着した愛弟子からの連絡によれば、7時前に中央特別自由席の列に並んでいたが、まさかの十数人前でチケット完売!


        内野席も凄まじい列で「アルプス席なら何とかいけそうですが?どういたしましょうか?」


        アルプスも良いが、修行の場には向いてない。


        結局、まさかの外野席入場!


        確かに、この日は智辯和歌山、市立和歌山の近畿勢二校に習志野、優勝候補で大会屈指の好投手 奥川擁する星稜と人気高校が出場する日。


        混むのは分かっていたが、この日しか都合がつかず、平日なら大丈夫と甘い考えだったようでした。


        事実、この日は平日にも関わらず観衆38000人だった。



        予定通り、私は10:30頃に甲子園球場に到着し、愛弟子の待つライトスタンドへ向かいました。



        ライトスタンド中段辺りで無事合流。


        しかしながら、外野席だと遠すぎて選手の統一体を見るどころではなかった。


        こんな出来事もあった第3試合の星稜 対 習志野 確か4回の攻防だったと思う(間違ってたらごめんなさい)


        習志野 攻撃中に突然、審判が集まり試合が中断した。


        何があったのか?さっぱり分からない。


        少しの中断後、試合は再開した。


        勿論、重大な事ならマイクで発表するのだろうが。



        習志野の二塁走者が、星稜のキャッチャーのサインを盗んでいたのでは?という記事を翌日のヤフーニュースで知った。



        走者がサインを盗み、打者に伝える行為は今では禁止になっているらしい。



        私も小学生〜高校まで野球部だったが、私達の頃は当たり前のようにやっていた。



        この件に関して、事実判明もされていないらしい。



          

        私がいつも感心するのは、智辯和歌山の応援だ!



        全校生徒の応援はブラスバンド、チアリーダーとの連携も素晴らしく、カッコいい。


        そして、相手チームがタイムをとってマウンド上に相手選手が集まったり、相手チームの監督の指示を伝令が伝える時などは、ブラスバンドの音量が消音になる。



        どうしても勝負事には、勝ち負けがつくが、相手を思いやるという智辯和歌山の応援には、いつも感動させられる!


        とにかく、今年の春の選抜高校野球観戦は己の稽古の場には、あまりならなかった。



        やはり、野球はバックネット裏で見るものだ。



        それと、春の選抜高校野球観戦は冷えるので、防寒対策が不可欠。



        いつもさりげない氣配りで、私に接してくれる愛弟子の暖かブランケットと、手袋、暖かいコーヒーとルイボスティー、手作りのとても美味しいメガおにぎり、唐揚げなどを用意してくれ、美味しくいただき、楽しい野球観戦でした。




        甲子園という全国の高校球児が憧れる中で、幸運にも出場出来る人はごくわずかな限られた人だけ。



        勿論、勝負事なので勝ち負けはあるが、勝っても負けても、全てに意味がある。



        今までしてきた練習や、後の糧。




        全て、天地が教えてくださる事を忘れてはいけない。



        選抜高校野球が終わる頃、春の兵庫県大会が始まる。



        また、己の修行の場に都合がつけば球場に足を運びたい。

        category:合氣道 | by:道場長 | - | -

        形のないもの

        2019.03.07 Thursday 20:01
        0

          「道」という字がつくものは、たくさんあり、「合氣道」もそれに属しています。



          そこにはその道の師匠がいます。



          弟子はまず師匠選びからはじめます。



          師匠選びは、非常に重要な作業です。

          何故なら、師匠によってはどこに導かれるかもわからないからです。



          私は運良く、

          兵庫県合氣道連盟 会長

          合氣道琴心館 館長 琴地 茂 先生に最初に出会うことが出来ました。



          「道」というものが、どの様なものなのか?さえ知らなかった私を最高の師匠に一番最初に会わせて下さった天地に感謝しています。



          弟子は、「この師匠に習おう」と決めた時から、師匠の真似を始めます。



          合氣道でいうならば、初段までに基本的な技の全てを習うことになります。



          ここまでは、身体の動かし方のみ、もっと言うならば、見えるものだけを真似ます。



          しかし、本来は見えるものだけを真似ても、全てを学ぶことは出来ません。


          心身統一とは心と身体が一体になることではありません。

          天地と一体になることです。

          天地と一体になるためには、心と身体が一体にならなければなりません。



          見えないものを真似ることが重要です!




          「合氣道は形ではありません!」

          事あるごとに、琴地先生から何万回と教えられました。



          ただ最初は、形から覚えていかなければ仕方ありません。



          初段以上になれば、形ではなく師匠の目に見えないものを真似て、それを学び、会得しなければなりません!



          学び方にも色々あり、どの程度関わるかで違ってきます。

          趣味や健康として学ぶのと、一生の仕事、指導者になるために学ぶのとでは、学び方が違って当たり前ですが、後者の方がより深く学ぶことが出来ます。

          そして、教える側と教わる側の人間関係によって学び方は決まってきます。



          「師匠と弟子」の関係だからこそ伝わり、得るものがあります。





          私はこの道を習い始めた頃、ほぼ毎日道場に通いました。

          何故なら、私は人より体得が遅く、人の数倍稽古しなければ人並みに会得することができないからです。



          その頃から、家族の次に顔を見る回数が多いのが、琴地先生でした。

          二級昇級までは形を覚えることで精一杯でしたが、一級の頃から見えないものを見る努力をしました。

          幸い、毎日の稽古のなかで琴地先生の受けをよく取らさせていただき、

          「先生は、どの様な心の状態で私に手を取らせているのだろう?」

          「今、先生は何を考えて感じておられるのか?」



          毎日、同じ時間に、同じ場所で、同じ空氣を共有しているのに、師匠と考え方が違ったり、師匠の思いを感じ取れなかったりしているのではいつまで経っても体得出来ないと思ったからです。



          私たちは氣という形ないものを学んでいます。



          本当に大切なものは形がありません!




          今までの自分のちっぽけな経験や知識が邪魔をして、師匠の言うことが頭に入らない弟子はたくさんいます。

          ましてや、それに氣付くこともなくいつまで経っても上達しない哀れな人です。



          まずは、頭の中を空っぽにしなければなりません!

          そうでないと、師匠の言葉は頭に入ってきません。



          初段になって一年程経った頃、

          家族に「琴地先生に顔が似てきた。話し方や声まで似てきた」と言われました。

          大学時代に琴地先生から指導を受けた私の門人にも「琴地先生のご親戚ですか?」「顔も声も話し方もそっくりです」と言われました。



          自分ではそんなこと思ってなかったですが、師匠を真似ているといつの間にかそうなっていったんでしょうね。



          一生、私は琴地先生の弟子です!

          そう心に決めています!



          私のある門人のことを少し話させて下さい。



          その門人とは合氣道をする前からの友人であり、同じ趣味の世界で長い年月を共有した人です。



          その頃からよく私の真似をしていました。

          「なぜ?」と尋ねると、いつも決まって「同じ事をしなければわからないから」と言っていました。

          その当時の私はさっぱり解りませんでしたが、縁あって私の弟子になってからもその立ち居振舞いは変わりません。

          むしろ、より強力になってきてます!



          昨日も、この門人と指導者向けの特別稽古の空き時間に食事をしましたが、決まって私と同じ料理を注文します。



          また、同じ音楽を聴きます。



          いつでも、師匠の想いを見ようとします。




          私も可能な限り同じ時間を共にします。



          上達の速度、進歩は他の門人の比ではありません。




          稽古以外の時間でも、師匠の見えないものを、想いを見ようとする、この門人には感心します!



          相当、心が決まらないと出来ないことだと思います。



          そんな門人の想いに師匠は応えてあげないといけません!



          全ての門人はこうあるべきだとは思いませんが、「この人を師匠にきめた」としたら門人は師匠に弟子入をお願いします。師匠に弟子と認められたら、弟子は師匠の真似をはじめます。

          師匠は弟子と認めたら弟子の想いに応えてあげないといけません。

          そこには、一切の妥協や誤魔化しはありません!




          本物の「師匠と弟子」というのは、家族以上に尊いものだと思います。



          これからも「この道」をともに歩んで行きます!



          category:合氣道 | by:道場長 | - | -

          モンブラン 左右技 楽しい門人

          2019.03.04 Monday 12:40
          0

            美味しいモンブランをいただきました!



            何故か?サーファー人形が左右技。




            人形の臍下の一点を確認しながら、




            「お〜!素晴らしい!統一体だ」




            臍下の一点から上腕部の力を抜き、




            上半身はリラックスして、





            恩賜の御意!




            「えい!」



            category:合氣道とサーフィン | by:道場長 | - | -

            学ぼうとする人と学ぼうとしない人

            2019.02.27 Wednesday 23:55
            0

              学ぼうとする人は、教えられたことを実行し、日々の道場での稽古のみならず、日常生活においてもこれを実行する。



              学ぼうとしない人は、道場のみこれを行い、日常生活とは別物と考える。 



              合氣道は、日常に活かしてこそ、学ぶ値打ちのあるものであり、

              そうでないなら、学ぶ必要などない!



              なぜなら、

              合氣道は天地の氣に合するの道。


              人を相手にせず、天地を相手にする生き方を学ぶものだから。




              教えを受ける師範、または先生とは、

              先に生まれると書く。



              師範、または先生は、お弟子さんより先にこの道を学んでいる。



              そうであるならば、先生の教えを素直に学び、これを実行したほうが近道だ!


              何もわざわざ遠回りをしたり、反抗したり、でしゃばったりする必要などない。


              教えを受ける人の言葉を良く聞き、悪いところは素直に改め、同じ過ちはせず、しっかりその氣を察知し、行動する人しか全てを学ぶことはできない!


              でも、そういう人は限りなく少ない。


              うちのお弟子さんでは藤沢市に一人いるだけだ!


              その他の人は残念ながら、現時点ではそうではない。




              一人いるだけでも、私は誇りに思う。


              そういう人こそ本物の師弟であり、道友であると私は思っている。



              category:合氣道 | by:道場長 | - | -

              水曜日 琴心館 本部道場 朝稽古 2/20 2019

              2019.02.20 Wednesday 13:15
              0

                琴心館 本部道場 水曜 朝稽古



                琴地先生による ご指導




                今日は一名の白帯以外、有段者でした。



                全体稽古は



                小手おろし、


                肘の内側に手をかけての小手おろし、


                短刀取り小手おろし、


                太刀取り小手おろし、



                短刀取り胸突き小手おろし、


                太刀取り胸突き小手おろし を稽古しました。





                後半は各組で課題の稽古



                私はYさんと


                第一体技〜第八体技を稽古しました。



                本日も大変貴重な氣付きと、


                琴地先生から重要なお話を聞くことが出来ました!

                category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                特別個人指導 2/14 2019

                2019.02.14 Thursday 23:40
                0

                  個人指導 稽古内容です。



                  名谷南会館 15:00~17:00


                  呼吸法

                  統一の印

                  氣の意志法

                  自己手当ての指の角度




                  北須磨文化センター 18:00~21:00


                  片手取り両手持ち 円運動

                  片手取り両手持ち 八の字

                  片手取り両手持ち 一教


                  肩取り正面打ち 二教

                  肩取り正面打ち 前方投げ


                  片手取りボール投げ


                  胸突き 前方投げ

                  胸突き うちわ面打ち


                  呼吸動作


                  背中の手当て


                  呼吸法



                  category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                  水曜 朝稽古 琴心館 本部道場 2/13 2019

                  2019.02.13 Wednesday 14:58
                  0

                    琴心館 本部道場 水曜 朝稽古


                    今日は全員、有段者でしたので、


                    横面打ち五種


                    片手取り五種


                    後ろ手首取り五種


                    胸突き五種


                    正面打ち五種


                    短刀取り五種


                    太刀取り五種



                    第八体技 両手取り


                    第一体技 片手取り


                    第二体技 片手取り両手持ち


                    第三体技 横面打ち を稽古しました。




                    本日も大変貴重な氣付きと、


                    琴地先生から重要なお話を聞くことが出来ました!

                    category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                    遠隔稽古

                    2019.02.10 Sunday 23:41
                    0

                      「サーフィンと天地の氣に合するの道」で書いた通り、



                      縁あって昔からの友人に合氣道を指導するようになりました。



                      友人は二名の女性で東京と神奈川県在住です。

                      私は兵庫県神戸市で門人に指導させていただいております。



                      今年の一月中頃から、末までの二週間の間、彼女たちの集中稽古をしました。



                      この間、特に氣の原理、心身統一体、呼吸法、健康体操、自己手当て、氣の意志法、統一の印を稽古しました。



                      合氣道の技は、ほとんど教えてません。



                      二週間という期間で、教えることは限られ、彼女たちが集中稽古を終え、各々の自宅に帰ったあとでも一人でも稽古出来ることが重要と思ったからです。



                      今後、もし、各々の地元で合氣道道場、教室を主宰し、門人に教える立場になってから技を教えても遅くはありません。





                      さて、この集中稽古で私が彼女たちに最後に伝えた事は、遠隔稽古の実施です。



                      いくら離れていても、地球上にいる限り氣は届きます!



                      えっ!離れている人に氣が届く?と思われる人もいるでしょう?



                      でも確実に氣は届きます!



                      何も難しいことはありません。特別な修行など必要ありません。誰でも簡単に出来ることです。



                      ただ、相手のことを思うだけです!

                      相手に思いをはせるだけで氣は確実に届くのです。



                      いつでも、どこでも

                      「今頃はお昼ご飯食べているのかな?」

                      「今日は雪の予報だけど、積もっているのかな?」となんでも良いのです。



                      相手のことを思うだけで、相手は氣をキャッチしてくれます。

                      その思いが強ければ強いほど、強力な氣が伝わります。



                      私も修行を重ねるうちに、

                      家族やある特定の人に何か身体の異常があった時など、胸騒ぎがします。

                      「あっ!何かあったな?」と思い連絡してみると、案の定「昨日、道で転んでしまって足が痛いの」

                      瞬時に相手の異変を察知できれば、

                      適切なアドバイスや対処法も伝えることができます。

                      次、会ったときに手当てもしてあげられます。



                      但し、心が静まっていなければ、相手の異変など氣付きません。




                      二週間の集中稽古の翌日から私達三人は、遠隔稽古を毎日しています。



                      毎日、決められた時間に一緒に

                      呼吸法、統一の印、氣の意志法を稽古しています!



                      通常の稽古と同様に、

                      師範と門人が向かい合った状態が良いのです。

                      私は東方面に身体を向け、彼女たちは西方面に身体を向け、心を静めて呼吸法をしています。



                      各々の心の落ち着きの深さ、思いの強さによりますが、

                      相手のことが手に取るように分かるときがあります!



                      先日も、こんなことがありました。



                      最近、私はサーフィンの夢をよく見ます。彼女たちとサーフィンを通じてバリ島で出逢ったというのが、原因なのでしょう?



                      遠隔稽古の統一の印を組んだ時に、「もう一度、昔のようにバリ島でこのメンバーでサーフィンしたいな!」と詳細に強く念じたときがありました。



                      今は便利な世の中で、LINEというツールがあります!

                      これを使って「はい!今から統一の印を始めます!」

                      「はい!印を外して下さい!」

                      「では、呼吸法をします!」というように同時に稽古します。



                      この日の稽古後、すぐに尚という一人の門人からLINEが届きました。

                      「せんせい!サーフィンしたいよね?

                      バリに行きたいんだよね?」という内容でした!



                      本当の話です!



                      強く念じた事は、必ず届き!



                      強く念じた事は、必ず実現します!



                      これが天地の法則です!

                      category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                      PR
                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      無料体験できます
                      お申込み、お問い合わせは合氣道琴心館寺崎道場 お問い合わせまで。
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM