「稽古の後、爽快になりましたか?」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 令和2年3月11日

2020.03.15 Sunday 18:59
0





    無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。


    日々の稽古



    「稽古の後、爽快になりましたか?」


    水曜日 上沢教室


    少年部17:45~18:4

    大人の部19:00~20:30




    大人の部



    肩取り三教 入身



    投げは左半身の時、



    肩を取りに来た受けの右手を下に抑え、



    右手でしっかり受けの指先を抑えて、



    受けを起き上がらせないようにし、



    左手を受けの右肘から離して受けの手を小指の側より握る。




    そのまま左手で持って、受けの右手を緩めないように、



    十分反らしたまま、右手を受けの右肘にかけ、両手でもって受けの右手を、螺旋を描くように下方向に回しながら導き倒す。




    右手でもって、受けの小指の側より左手を交差して持ち、



    左手で持って受けの右肘を回しこむように抑え、



    受けの右手を、受けの頭の方へ、螺旋を描くように回しながら持っていくと、



    受けは痛みに耐えかね降参する。





    この抑え方も、



    受けの腕を曲がる方向に曲げるのであるから、



    逆ではなく順であり健康法です。




    三級審査基準では、



    そのまま導き倒して抑えますが、



    一旦、受けを立ち上がらせてから、遠くへ投げることも可能です。




    三教の持ち方は、



    投げは右手で受けの左手を小指の側から握り、



    これをできるだけ受けの肩の方へひねり上げ、



     無理なくひねり上げられるところで止めます。




    この時、受けの右手の「緩みをとる」事が大切です。




    このままでは受けは痛くないはずです。




    左手で受けの指を握り、これも受けの左肩に向かって右回りに回しながら、ひねり上げる。



    これも無理のないところで止める。




    しかし、そこから投げが、少しでも両手で 受けの肩の方へ突き上げると、



    受けは途端に激痛を感じて飛び上がる。




    受けが、その状態に左手を持たれている時、右手で投げを攻撃しようとすると、



    投げが三教に持っている手とぶつかるから、



    これもまた激痛を感じて、投げを打つことが出来ず、



    受けは投げのいいなりになるより仕方がありません。



    逮捕・連行に最良の技です。




    三教も投げが正しく技を行い、



    受けは力を抜いて、投げに完全に任せ、



    曲がる方向にしっかりと曲げてもらうと、




    その時は痛いが、あと非常に爽快になり、




    その夜はぐっすりと眠れるようになります。




    技をかけられた後、いつまでも痛いのは、




    どちらかが間違って技を行った時です。





    間違いのないよう、正しくおこなわなければならない!





    合氣道琴心館寺崎道場
    師範 寺崎秀行




    無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。

    category:合氣道 | by:道場長 | - | -

    「相手の氣が動いたときに動く」土曜日 上沢教室​ 少年部・親子・大人合氣道

    2020.03.09 Monday 07:22
    0




      無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。



      日々の稽古



      「相手の氣が動いたときに動く」


      土曜日 上沢教室


      少年部・親子の部16:30~17:30

      大人の部16:30~19:30



      少年部・親子合氣道




      現在、小中高の学校が、休校期間中につき、



      今日も少年部・親子クラスは少人数でのお稽古です。




      今日は、現在休講中のカルチャーセンター所属の親子がお稽古に来られました。



      石井ひろ子助教が指導する教室の親子の会員で、私の孫弟子にあたります。



      まだ、稽古数も少ないのですが、とても氣が出ており、技も立ち居振舞いも、しっかり出来てました。



      孫弟子の成長した姿を見るのも良いものですね!



      もちろん、本人とご家族の努力ですが、



      日頃から指導している、石井ひろ子先生の指導の賜物です。



      弟子は師に沿って伸びていきますからね。




      5月の演武大会に向け、入退場の練習をしました。




      入退場での立ち居振る舞い方、礼を合わせる、など細かいところを稽古しました。




      本日の稽古内容


      片手交差取り呼吸投げ

      胸突き小手おろし

      呼吸動作

      呼吸法



      大人の部



      体験で八十歳近いご老人の方が来られました。


      このお歳になっても、何か新しいことを始めてみようかな?


      または興味がある?という方は、


      皆、お元氣な方たちばかりです。


      身体の衰え、体力の減退は年齢とともに仕方がないことですが、



      心は何歳になっても鍛えることが出来ます。




      氣の原理、心身統一体を分かりやすく簡単に説明し、正しい立ち姿と折れ曲がらない腕を体験していただきました。




      持病の古傷が少し痛むらしく、今後稽古に参加されるかどうかはまだ分かりませんが、



      正しい立ち方をすることによって、盤石な姿勢ができること。




      心と身体を一つにすること。を、
      ご体験され、大変、喜ばれておられました。




      身体を動かすことだけに執着せず、心を鍛えること、



      心身統一を学ぼうとするなら私は大歓迎です。




      その様な方々と共に今後も合氣道を通して心身統一を学び、



      人として成長し、日常に活かし、社会に地球に天地に貢献したいと願っております。




      その後、演武大会の組を発表し、演武会で行う技も大まかに決めました。




      今日の全体練習は、
      坐技半立ち正面打ち呼吸投げ




      まずは立った状態からの正面打ち呼吸投げの稽古をします。




      坐技の場合、投げは、座ったままで投げます。




      両膝を畳に着けた状態で投げるため、 立ち技のように腰のひねりがありません。




      従って、腰のひねりを使わない立ち技を、先に練習しました。




      正しい打ち方、正しい一教の手の上げ方、手の下ろし方、上下動を詳しく指導しました。




      やはりここでも力を抜くことが大切です。




      正しく力を抜いた正面打ちは、剣の振りと何ら変わりません。



      皆さんの技を見ていると、明らかに動き出しが遅い。


      相手の腕が動いてから、動いているので、当然、うまく投げることが出来ませんね。




      人との待ち合わせも全く同じで、
      時間に余裕を持って家を出ると、余裕を持って現場に着くことができる。




      合氣道の技も同じです。




      出発が早ければ余裕があります。




      相手の氣が動いた時に自分が動く。



      『心が身体を動かします』




      「打つぞ」という氣が動いてから、腕が降りてきます。




      その氣が動いた時に、氣を出して指先から一教の腕で入っていくと、充分間に合います。




      日頃の稽古から相手の氣が動いた時に、自分が動くことを、常に頭に入れて稽古していきましょう。




      受けは、もっと力を抜いて氣で打つことを学ぶことが肝要です。




      最後に呼吸動作


      呼吸法



      合氣道琴心館寺崎道場
      師範 寺崎秀行



      無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。


      category:合氣道 | by:道場長 | - | -

      「技が直れば心が直り、心が直れば技が直る」水曜日 上沢教室 少年部・大人の部 令和2年2月26日

      2020.02.28 Friday 10:32
      0



        無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。


        日々の稽古



        「技が直れば心が直り、心が直れば技が直る」



        水曜日 上沢教室


        少年部17:45~18:45

        大人の部19:00~20:30





        少年部


        本日は昇級審査日です。




        2名が10級に昇級しました!




        おめでとうございます🎉




        次の昇級、9級に向けて、




        今日の昇級審査で、指摘された改善点をしっかり修正していきましょう。




        今日5月4日の演武大会に向けての稽古です。




        正面打ち呼吸投げ


        正面打ち切り返し


        正面打ち一教


        最後に呼吸法






        大人の部



        今週29日土曜日に、



        二級昇級審査を控えておられる、



        お弟子さんから、



        一人技の後ろ手首取り後進技の確認がありましたので、



        全体練習で二人組になり、心身統一体を確認しながら稽古しました。






        道場における稽古の中で、



        お弟子さんの稽古時の、



        心と身体の使い方や、心の向け方、態度、言動などをいつも注意深く観察してます。




        十人十色、お弟子さんも色々です。




        でも確実に言い切れることは、




        心の状態や性格が、技に必ず、表れます。




        心が身体を動かします。




        こればかりは、言い訳は通用しません。




        そのまま、技になって、その人を写し出してくれます。




        それを見れば、



        その人の対人関係や職場、家庭での立ち居振舞い方も、おおよそ見当がつきます。




        「心が直れば、技が直る!技が直れば、心が直る!」




        これ氣の修行における特徴です。




        私自身を振り返ってみても、そのまま当てはまります。




        なかなか上達しない?あなた?




        対人関係で人とよくぶつかる?あなた?




        師匠に教わった通り、技が出来ない?あなた?




        自分のことだな!と分かれば、改めなさい。




        何事を行うも心身統一、心身一如でなければなりません。




        生涯の鍛練が必要です。




        日々の合氣道の稽古が、



        お弟子さんの人としての進歩に、役立つことを願っています。




        本日の稽古内容


        一人技
        後ろ手首取り後進技



        組技
        後ろ手首取り一教 楷書


        その後、各々の昇級審査項目の技



        呼吸法




        合氣道琴心館寺崎道場

        師範 寺崎秀行



        無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。

        category:合氣道 | by:道場長 | - | -

        「いつも和やかで良いですね」火曜日 神戸常盤アリーナ 合氣道講座 令和2年2月25日

        2020.02.27 Thursday 18:06
        0



          無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。


          日々の稽古


          「いつも和やかで良いですね」


          火曜日 神戸常盤アリーナ

           

          合氣道講座 10:30~12:00



          今日は、お休みが多く、少人数での稽古になりました。


          少人数には、少人数なりの稽古法があります。


          一人一人をよく観察することができるので、悪い所をいち早く修正できます。


          大人数で活氣がある稽古もいいですが、こういう少人数の稽古が、習う側にとっては非常に貴重ではないでしょうか?


          私自身の合氣道琴心館本部道場での稽古時も、門人が少ない時は「ラッキー」と少し嬉しくなります。


          何故なら、門人が少ない分、師匠が良く見ていて下さるのでね。



          今日も5月4日の演武大会に向けての稽古です。


          3級を目指す2名の演武大会の技は、


          両手取り呼吸投げ前方投げ、


          横面打ち呼吸投げ前方投げ、


          あと肩取り二教、三教、四教の中からどれか一つか二つをやっていただきます。


          あと4級、5級を目指す者の技は、

          肩取り一教入身、転換、


          胸突き小手おろし、


          正面打ち呼吸投げ、


          あと一つ、横面打ち四方投げを入れようかなと思っています。




          ここの教室は、老若男女が氣を出して、楽しく、和氣あいあいと、お稽古しています。




          ただ、皆さん、すぐに忘れてしまうので、先にはなかなか進めないですが、ものすごく場の空氣の良い教室です。


          新たに入門された方も、直ぐに皆さんと仲良くお稽古出来、いつも和やかムードです。


          その道場に集まる人の氣によって、その道場の空氣は本当に違ってきます。


          指導者にとっては、非常に指導のしやすい教室ですよ🎵



          最後に呼吸法



          合氣道琴心館寺崎道場
          師範 寺崎秀行




          無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。

          category:合氣道 | by:道場長 | - | -

          「友達の集まりじゃないよ」土曜日 上沢教室 親子・大人合氣道 令和2年2月15日

          2020.02.17 Monday 14:34
          0


            無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。



            日々の稽古




            「友達の集まりじゃないよ」



            土曜日 上沢教室


            少年部・親子合氣道16:30~17:30


            大人合氣道17:30~19:30






            少年部・親子合氣道



            最近、塾や他の習い事などで、上沢教室 少年部・親子の稽古生が水曜日に集中し、土曜日が少ないです。





            子ども達は色々大変です。





            合氣道だけじゃなく、いろんな習い事をしています。





            他の習い事が終わり、
            その直後に合氣道の稽古に来るのもなかなか大変で、くたびれることでしょう。





            このような状況が続くなら、時間ももったいないので、




            少年部・親子の稽古時間から大人の稽古も始めようかな?と思っています。





            通常の大人稽古を19時30分から19時に稽古を終了し、




            残りの30分に自主稽古の時間を取るのも良いかなと思っております。






            本日の稽古内容


            片手交差取り呼吸投げ


            胸突き小手おろし


            肩取り一教


            正面打ち呼吸投げ


            呼吸動作







            大人の部





            今日は各々のレベルに分け、
            次の昇級審査に向けての稽古をしました。





            稽古後、近くの居酒屋さんに門人の皆さんと。
            少し遅めの新年会?





            懇親会と言った方がいいかもしれませんね。





            普段あまり門人の皆様とは、お酒や食事をする機会もないので、とても楽しみにしておりました。





            でもやはり、私は、どういうわけか?




            今回も、お弟子さん達とお酒を飲んでもあまり楽しいことはないんですね。





            ここは親しい友達の集まりじゃありませんよ。






            合氣道琴心館寺崎道場の懇親会です。




            当然のことながら楽しく飲むのは大賛成ですし、私も楽しくお酒や食事をするのが大好きです。





             親しい友達の飲み会なら好きなことを言ったり、くだらないバカ話もいいでしょう。





            でもここは違います。





            なぜもっと、この場でしか聞けないようなことを門人の人達は聞いてこないのでしょうか?





            普段の稽古では決して話すことのない、聞くことのない貴重な話を。





            少しお酒が入るからこそ聞ける話もたくさんある。





            その中に非常に重要な話がたくさんあるのです。





            私は 師匠の琴地先生とは二人でお酒を飲ませていただいたことは一度もありません。 




            叶うことなら、じっくり先生と飲んでみたいです。





            だから、もしそんな機会があれば 普段聞けない合氣道のお話をいっぱい聞きたいと思っています。





            それがもう楽しみで仕方がありません。





             兵庫県合氣道連盟の他の指導者の先輩や同期の道友とは、お酒を飲んだことも、もちろんあります。





            そんな時にも大先輩の合氣道の昔話など真剣に聞いたものでした。





            それが非常に今となっては勉強になっています。





            くだらない話ばかりしててももったいないだけです。





            またある助教は 「先生そんなこと言ってたら誰も飲み会に来なくなりますよ 」って言ってました。





            でも本当にそうでしょうか?





            そんなやつは来なくていいんだよ!





            皆が皆くだらない話をしているわけではありません。





            中には真剣にいろんな話を聞きたいと思っていた人もいるはずです。






            それは表情を見たらすぐにわかります。





            今後は、そういう人と数人で飲むのがいいのかもしれませんね。





            また、一般の門人と違って、助教という立場は、人を教える指導者の立場です。





            師範の私とは同じ立場のはずです。





            そんな立場の助教が 一般の門人と同じようにくだらない話をしているのが情けないですが現状です。





            あくまでも上沢教室の話です。





            合氣道琴心館寺崎道場には他に素晴らしい助教が数名おります。





            決して道場の飲み会でくだらないバカ話はしません。





            そんなくだらない飲み会なら、今後、私は二度と行く事がないでしょう。





            私達が習う合氣道とは
            心身統一体が根底にあります。




            それは二十四時間、統一体であり、
            一生、統一体であります。




            もちろん、酒のときも、食事のときもです。




            普段の日常から氣を出して、心身統一体の稽古をしていないから、こんなときにフッと抜けてしまうのです。




            今からすぐに改めろ❗




            合氣道琴心館寺崎道場
            師範 寺崎秀行



            無料体験出来ます。お申し込み、お問い合わせは 合氣道寺崎道場 までお気軽にどうぞ。

            category:合氣道 | by:道場長 | - | -

            「弛むことなく稽古の中で」八月集中稽古 一日目 8/2 2019 文 道場長 寺崎秀行

            2019.08.04 Sunday 17:49
            0


              八月集中稽古 一日目 9:45~11:30




              稽古内容




              合氣体操




              転換運動




              氣のテスト




              折れ曲がらない腕




              持ち上がらない腕




              一教技




              正面打ち一教 入身・転換




              正面打ち呼吸投げ 前方投げ






              一教運動(技)




              左半身、右半身、各々 「イチ」の号令で臍下の一点が前へ出ながら、




              両腕から、のびのびと氣を出しながら、




              腰から目の高さ辺りまで両手を開いたまま振り上げ、同時に腰も前方へつきだします。




              両手を振り上げたとき、外側の指先、小指側に感覚が強くなければなりません。




              二の腕辺りに感覚が残っているようなら、氣が滞っている証拠です。




              「氣を出す」ということは、腕を伸ばして指先や、二の腕に力を入れることではありません。




              完全に力を抜いた状態が、氣が出でいる状態です。




              その状態で静止し、前方から手を押し返されても、後ろへ動いてはいけません。




              臍下の一点に心を静め、両腕の力を抜いて振り上げれば、




              押し返されたり、腕を曲げられたり、





              後ろから押されても、前方へよろめくことはありません。




              「ニイ」の号令で、腰を後ろへ引きながら、




              両手の氣を出したまま、打ち下ろして腰のところに戻します。




              この時、軽く小指を握りしめるように拳を握ります。




              腕を下ろすときも両肩を中心とし、




              両手をそれぞれ半径とした円を描き、遠心力を働かせながら、打ち下ろします。




              この運動は、相手が真っ直ぐに自分の正面へ打ち込んでくるとき、




              間髪を入れず、相手の腕とぶつからずに相手が打ち込んできた方向に返して押さえ倒す




              「正面打ち一教」の基本となる動きです。




              日々の稽古の合氣体操で行う「一教技」もやはり、正しく行うことが大切です❗




              正しい努力は、正しい結果をもたらしますが、




              間違った努力は、間違った結果をもたらします。




              怠ることのないよう、一回、一回正しく稽古しましょう❗




              その一回が数ヵ月先、数年後に成果として現れます。





              合氣道琴心館寺崎道場 
              道場長 寺崎秀行







              category:合氣道 | by:道場長 | - | -

              心の構えを取り除く

              2019.05.14 Tuesday 07:12
              0
                心身統一とは天地と一体になることで
                す。



                天地と一体になるには統一体でなければなりません。



                上半身の力を完全に抜き、臍下の一点に心を静める。



                手を前につき出したり、

                両手をあげたり、

                しゃがんだり、

                静座をしたり、

                胡座になったり

                二人組で身体を持ち上げたり、

                押したりテストします。



                心が身体を動かしますから、


                身体をテストすることで心の状態を知ることが出来ます。



                氣が出ている=正しいリラックスが出来ている時は、


                磐石のごとく、びくともしませんが、


                「押されまい」「動かない」「持ち上げられない」などと


                余計なことを思うと統一体は崩れます。



                相手が押してくるなら、いくらでも押させてやり、


                持ち上げようとするなら、いくらでも持ち上げさせる。



                相手にさせたいようにさせ、


                それを心に受けなければ統一体は崩れません。


                「心の構えを取り除く」ことが重要です!
                category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                寺崎道場 公式ツイッターはじめました

                2019.04.05 Friday 10:43
                0


                  合氣道琴心館 寺崎道場公式ツイッターはじめました。


                  https://twitter.com/terasakidojo/status/1113950529464332288?s=19

                  category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                  高校野球と氣に合するの道

                  2019.03.28 Thursday 23:43
                  0

                    第91回選抜高校野球 大会第6日目に阪神甲子園球場に行ってきました。



                    毎年、春夏の高校野球は私の楽しみの行事のひとつで、兵庫県大会や近畿大会も合氣道の合間に都合がつけば観戦してます。


                    しかしながら、お弟子さんも増え、祝日以外に完全なオフがありませんので、昨年頃から球場に行く機会が減りました。


                    合氣道を門人に指導することを職業にしているわけですから、これは喜ばしいことであり、感謝しなければなりません。



                    私にとって高校野球観戦は、ただの楽しみや趣味、娯楽、高校野球ファンとは少し違います。


                    確かに、それはそれで良いことだと思いますし、「ひたすら白球を追い続ける高校球児達に純粋に感動する」


                    私も合氣道の指導者になるまではそうでした。


                    日々、門人に稽古をつける日常生活の中で、いつしか、こういう緊迫した場面で「私なら、どう選手に声をかけるだろう?」


                    次の一球で勝負が決まる、この場面で、「投手や打者に何を伝えるだろう?」


                    試合後は選手たちに「何を話すだろうか?」


                    勿論、高校野球素人の私が戦術等を教えることなど出来ない。


                    でも、「心が身体を動かす」

                    「氣の原理」

                    「統一体」

                    「天地の法則・天地の配剤」なら教えることが出来ます。


                    これを無視して出来るスポーツ、勉強、仕事、日常生活など無く、これと異なる事を無理と言い、身体の故障、メンタルの弱さに繋がります。


                    つまり、野球も合氣道も同じです!


                    「あの打者は上半身に力が入っているな。多分打てないだろうな?」などと職業上、統一体なら見ればすぐ解ります。


                    心身不統一の球は乱れ、良い結果には繋がりません。



                    私にとって、高校野球も己の修行だと思っています。



                    第91回選抜高校野球 大会第6日目の話に戻ります。


                    最近の高校野球人氣は異常です。


                    夏は徹夜しないとチケットが買えない?


                    春は平日なら中央特別自由席や内野自由席も余裕で入れてました、昨年までは。


                    それが、この日は「まさかの外野席!」


                    甲子園観戦も合氣道の修行ですので、この日都合がついた愛弟子に新大阪から甲子園球場に向かってもらいました。


                    「中央特別自由席をゲットせよ!」が合言葉。


                    私は朝の仕事が終わり次第、10:30頃に愛弟子と現地集合の予定。



                    先に到着した愛弟子からの連絡によれば、7時前に中央特別自由席の列に並んでいたが、まさかの十数人前でチケット完売!


                    内野席も凄まじい列で「アルプス席なら何とかいけそうですが?どういたしましょうか?」


                    アルプスも良いが、修行の場には向いてない。


                    結局、まさかの外野席入場!


                    確かに、この日は智辯和歌山、市立和歌山の近畿勢二校に習志野、優勝候補で大会屈指の好投手 奥川擁する星稜と人気高校が出場する日。


                    混むのは分かっていたが、この日しか都合がつかず、平日なら大丈夫と甘い考えだったようでした。


                    事実、この日は平日にも関わらず観衆38000人だった。



                    予定通り、私は10:30頃に甲子園球場に到着し、愛弟子の待つライトスタンドへ向かいました。



                    ライトスタンド中段辺りで無事合流。


                    しかしながら、外野席だと遠すぎて選手の統一体を見るどころではなかった。


                    こんな出来事もあった第3試合の星稜 対 習志野 確か4回の攻防だったと思う(間違ってたらごめんなさい)


                    習志野 攻撃中に突然、審判が集まり試合が中断した。


                    何があったのか?さっぱり分からない。


                    少しの中断後、試合は再開した。


                    勿論、重大な事ならマイクで発表するのだろうが。



                    習志野の二塁走者が、星稜のキャッチャーのサインを盗んでいたのでは?という記事を翌日のヤフーニュースで知った。



                    走者がサインを盗み、打者に伝える行為は今では禁止になっているらしい。



                    私も小学生〜高校まで野球部だったが、私達の頃は当たり前のようにやっていた。



                    この件に関して、事実判明もされていないらしい。



                      

                    私がいつも感心するのは、智辯和歌山の応援だ!



                    全校生徒の応援はブラスバンド、チアリーダーとの連携も素晴らしく、カッコいい。


                    そして、相手チームがタイムをとってマウンド上に相手選手が集まったり、相手チームの監督の指示を伝令が伝える時などは、ブラスバンドの音量が消音になる。



                    どうしても勝負事には、勝ち負けがつくが、相手を思いやるという智辯和歌山の応援には、いつも感動させられる!


                    とにかく、今年の春の選抜高校野球観戦は己の稽古の場には、あまりならなかった。



                    やはり、野球はバックネット裏で見るものだ。



                    それと、春の選抜高校野球観戦は冷えるので、防寒対策が不可欠。



                    いつもさりげない氣配りで、私に接してくれる愛弟子の暖かブランケットと、手袋、暖かいコーヒーとルイボスティー、手作りのとても美味しいメガおにぎり、唐揚げなどを用意してくれ、美味しくいただき、楽しい野球観戦でした。




                    甲子園という全国の高校球児が憧れる中で、幸運にも出場出来る人はごくわずかな限られた人だけ。



                    勿論、勝負事なので勝ち負けはあるが、勝っても負けても、全てに意味がある。



                    今までしてきた練習や、後の糧。




                    全て、天地が教えてくださる事を忘れてはいけない。



                    選抜高校野球が終わる頃、春の兵庫県大会が始まる。



                    また、己の修行の場に都合がつけば球場に足を運びたい。

                    category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                    形のないもの

                    2019.03.07 Thursday 20:01
                    0

                      「道」という字がつくものは、たくさんあり、「合氣道」もそれに属しています。



                      そこにはその道の師匠がいます。



                      弟子はまず師匠選びからはじめます。



                      師匠選びは、非常に重要な作業です。

                      何故なら、師匠によってはどこに導かれるかもわからないからです。



                      私は運良く、

                      兵庫県合氣道連盟 会長

                      合氣道琴心館 館長 琴地 茂 先生に最初に出会うことが出来ました。



                      「道」というものが、どの様なものなのか?さえ知らなかった私を最高の師匠に一番最初に会わせて下さった天地に感謝しています。



                      弟子は、「この師匠に習おう」と決めた時から、師匠の真似を始めます。



                      合氣道でいうならば、初段までに基本的な技の全てを習うことになります。



                      ここまでは、身体の動かし方のみ、もっと言うならば、見えるものだけを真似ます。



                      しかし、本来は見えるものだけを真似ても、全てを学ぶことは出来ません。


                      心身統一とは心と身体が一体になることではありません。

                      天地と一体になることです。

                      天地と一体になるためには、心と身体が一体にならなければなりません。



                      見えないものを真似ることが重要です!




                      「合氣道は形ではありません!」

                      事あるごとに、琴地先生から何万回と教えられました。



                      ただ最初は、形から覚えていかなければ仕方ありません。



                      初段以上になれば、形ではなく師匠の目に見えないものを真似て、それを学び、会得しなければなりません!



                      学び方にも色々あり、どの程度関わるかで違ってきます。

                      趣味や健康として学ぶのと、一生の仕事、指導者になるために学ぶのとでは、学び方が違って当たり前ですが、後者の方がより深く学ぶことが出来ます。

                      そして、教える側と教わる側の人間関係によって学び方は決まってきます。



                      「師匠と弟子」の関係だからこそ伝わり、得るものがあります。





                      私はこの道を習い始めた頃、ほぼ毎日道場に通いました。

                      何故なら、私は人より体得が遅く、人の数倍稽古しなければ人並みに会得することができないからです。



                      その頃から、家族の次に顔を見る回数が多いのが、琴地先生でした。

                      二級昇級までは形を覚えることで精一杯でしたが、一級の頃から見えないものを見る努力をしました。

                      幸い、毎日の稽古のなかで琴地先生の受けをよく取らさせていただき、

                      「先生は、どの様な心の状態で私に手を取らせているのだろう?」

                      「今、先生は何を考えて感じておられるのか?」



                      毎日、同じ時間に、同じ場所で、同じ空氣を共有しているのに、師匠と考え方が違ったり、師匠の思いを感じ取れなかったりしているのではいつまで経っても体得出来ないと思ったからです。



                      私たちは氣という形ないものを学んでいます。



                      本当に大切なものは形がありません!




                      今までの自分のちっぽけな経験や知識が邪魔をして、師匠の言うことが頭に入らない弟子はたくさんいます。

                      ましてや、それに氣付くこともなくいつまで経っても上達しない哀れな人です。



                      まずは、頭の中を空っぽにしなければなりません!

                      そうでないと、師匠の言葉は頭に入ってきません。



                      初段になって一年程経った頃、

                      家族に「琴地先生に顔が似てきた。話し方や声まで似てきた」と言われました。

                      大学時代に琴地先生から指導を受けた私の門人にも「琴地先生のご親戚ですか?」「顔も声も話し方もそっくりです」と言われました。



                      自分ではそんなこと思ってなかったですが、師匠を真似ているといつの間にかそうなっていったんでしょうね。



                      一生、私は琴地先生の弟子です!

                      そう心に決めています!



                      私のある門人のことを少し話させて下さい。



                      その門人とは合氣道をする前からの友人であり、同じ趣味の世界で長い年月を共有した人です。



                      その頃からよく私の真似をしていました。

                      「なぜ?」と尋ねると、いつも決まって「同じ事をしなければわからないから」と言っていました。

                      その当時の私はさっぱり解りませんでしたが、縁あって私の弟子になってからもその立ち居振舞いは変わりません。

                      むしろ、より強力になってきてます!



                      昨日も、この門人と指導者向けの特別稽古の空き時間に食事をしましたが、決まって私と同じ料理を注文します。



                      また、同じ音楽を聴きます。



                      いつでも、師匠の想いを見ようとします。




                      私も可能な限り同じ時間を共にします。



                      上達の速度、進歩は他の門人の比ではありません。




                      稽古以外の時間でも、師匠の見えないものを、想いを見ようとする、この門人には感心します!



                      相当、心が決まらないと出来ないことだと思います。



                      そんな門人の想いに師匠は応えてあげないといけません!



                      全ての門人はこうあるべきだとは思いませんが、「この人を師匠にきめた」としたら門人は師匠に弟子入をお願いします。師匠に弟子と認められたら、弟子は師匠の真似をはじめます。

                      師匠は弟子と認めたら弟子の想いに応えてあげないといけません。

                      そこには、一切の妥協や誤魔化しはありません!




                      本物の「師匠と弟子」というのは、家族以上に尊いものだと思います。



                      これからも「この道」をともに歩んで行きます!



                      category:合氣道 | by:道場長 | - | -

                      PR
                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      無料体験できます
                      お申込み、お問い合わせは合氣道琴心館寺崎道場 お問い合わせまで。
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM