高校野球と氣に合するの道

2019.03.28 Thursday 23:43
0

    第91回選抜高校野球 大会第6日目に阪神甲子園球場に行ってきました。



    毎年、春夏の高校野球は私の楽しみの行事のひとつで、兵庫県大会や近畿大会も合氣道の合間に都合がつけば観戦してます。


    しかしながら、お弟子さんも増え、祝日以外に完全なオフがありませんので、昨年頃から球場に行く機会が減りました。


    合氣道を門人に指導することを職業にしているわけですから、これは喜ばしいことであり、感謝しなければなりません。



    私にとって高校野球観戦は、ただの楽しみや趣味、娯楽、高校野球ファンとは少し違います。


    確かに、それはそれで良いことだと思いますし、「ひたすら白球を追い続ける高校球児達に純粋に感動する」


    私も合氣道の指導者になるまではそうでした。


    日々、門人に稽古をつける日常生活の中で、いつしか、こういう緊迫した場面で「私なら、どう選手に声をかけるだろう?」


    次の一球で勝負が決まる、この場面で、「投手や打者に何を伝えるだろう?」


    試合後は選手たちに「何を話すだろうか?」


    勿論、高校野球素人の私が戦術等を教えることなど出来ない。


    でも、「心が身体を動かす」

    「氣の原理」

    「統一体」

    「天地の法則・天地の配剤」なら教えることが出来ます。


    これを無視して出来るスポーツ、勉強、仕事、日常生活など無く、これと異なる事を無理と言い、身体の故障、メンタルの弱さに繋がります。


    つまり、野球も合氣道も同じです!


    「あの打者は上半身に力が入っているな。多分打てないだろうな?」などと職業上、統一体なら見ればすぐ解ります。


    心身不統一の球は乱れ、良い結果には繋がりません。



    私にとって、高校野球も己の修行だと思っています。



    第91回選抜高校野球 大会第6日目の話に戻ります。


    最近の高校野球人氣は異常です。


    夏は徹夜しないとチケットが買えない?


    春は平日なら中央特別自由席や内野自由席も余裕で入れてました、昨年までは。


    それが、この日は「まさかの外野席!」


    甲子園観戦も合氣道の修行ですので、この日都合がついた愛弟子に新大阪から甲子園球場に向かってもらいました。


    「中央特別自由席をゲットせよ!」が合言葉。


    私は朝の仕事が終わり次第、10:30頃に愛弟子と現地集合の予定。



    先に到着した愛弟子からの連絡によれば、7時前に中央特別自由席の列に並んでいたが、まさかの十数人前でチケット完売!


    内野席も凄まじい列で「アルプス席なら何とかいけそうですが?どういたしましょうか?」


    アルプスも良いが、修行の場には向いてない。


    結局、まさかの外野席入場!


    確かに、この日は智辯和歌山、市立和歌山の近畿勢二校に習志野、優勝候補で大会屈指の好投手 奥川擁する星稜と人気高校が出場する日。


    混むのは分かっていたが、この日しか都合がつかず、平日なら大丈夫と甘い考えだったようでした。


    事実、この日は平日にも関わらず観衆38000人だった。



    予定通り、私は10:30頃に甲子園球場に到着し、愛弟子の待つライトスタンドへ向かいました。



    ライトスタンド中段辺りで無事合流。


    しかしながら、外野席だと遠すぎて選手の統一体を見るどころではなかった。


    こんな出来事もあった第3試合の星稜 対 習志野 確か4回の攻防だったと思う(間違ってたらごめんなさい)


    習志野 攻撃中に突然、審判が集まり試合が中断した。


    何があったのか?さっぱり分からない。


    少しの中断後、試合は再開した。


    勿論、重大な事ならマイクで発表するのだろうが。



    習志野の二塁走者が、星稜のキャッチャーのサインを盗んでいたのでは?という記事を翌日のヤフーニュースで知った。



    走者がサインを盗み、打者に伝える行為は今では禁止になっているらしい。



    私も小学生〜高校まで野球部だったが、私達の頃は当たり前のようにやっていた。



    この件に関して、事実判明もされていないらしい。



      

    私がいつも感心するのは、智辯和歌山の応援だ!



    全校生徒の応援はブラスバンド、チアリーダーとの連携も素晴らしく、カッコいい。


    そして、相手チームがタイムをとってマウンド上に相手選手が集まったり、相手チームの監督の指示を伝令が伝える時などは、ブラスバンドの音量が消音になる。



    どうしても勝負事には、勝ち負けがつくが、相手を思いやるという智辯和歌山の応援には、いつも感動させられる!


    とにかく、今年の春の選抜高校野球観戦は己の稽古の場には、あまりならなかった。



    やはり、野球はバックネット裏で見るものだ。



    それと、春の選抜高校野球観戦は冷えるので、防寒対策が不可欠。



    いつもさりげない氣配りで、私に接してくれる愛弟子の暖かブランケットと、手袋、暖かいコーヒーとルイボスティー、手作りのとても美味しいメガおにぎり、唐揚げなどを用意してくれ、美味しくいただき、楽しい野球観戦でした。




    甲子園という全国の高校球児が憧れる中で、幸運にも出場出来る人はごくわずかな限られた人だけ。



    勿論、勝負事なので勝ち負けはあるが、勝っても負けても、全てに意味がある。



    今までしてきた練習や、後の糧。




    全て、天地が教えてくださる事を忘れてはいけない。



    選抜高校野球が終わる頃、春の兵庫県大会が始まる。



    また、己の修行の場に都合がつけば球場に足を運びたい。

    category:合氣道 | by:道場長 | - | -

    スポンサーサイト

    2019.05.15 Wednesday 23:43
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      無料体験できます
      お申込み、お問い合わせは合氣道琴心館寺崎道場 お問い合わせまで。
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM